こどものアレルギー@STATION

監修:社会福祉法人恩賜財団済生会 大阪府済生会中津病院 免疫・アレルギーセンター 末廣 豊 先生

こどものアレルギー@STATION:イメージイラスト

News&Topics

2015.04.30こどものアレルギー@STATION を公開しました。

かゆみやアトピー性皮膚炎、食物アレルギーにお悩みの方へ、専門医がQ&A形式でわかりやすく解説します。

こどものアレルギーとは?

こどものアレルギーには、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ぜんそく、花粉症などの種類があります。近年、これらの子どものアレルギーは年齢によって症状が変化することがわかってきました。これを「アレルギーマーチ」と呼びます。

たとえば、生後1~2ヵ月ごろから湿疹が出て、同じお子さんが卵や乳製品、小麦などに食物アレルギーの反応を起こし、さらには1歳を過ぎるころからダニやほこりが原因のぜんそくやアレルギー性鼻炎の症状や花粉症が出てきます。

このように年齢とともにアレルギー性の病気の症状が変化し、原因物質も変わる経過が「アレルギーマーチ」です。いくつもの病気と向き合うのは大変ですが、病気の性質や治療方法を知り、根気よく対応していきましょう。

日本小児アレルギー学会. 小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011. 2011, 2-4
末廣豊, 他. Q&Aでわかるアレルギー疾患. 2009; 5(2): 152-154